日傘を忘れたら、手の平で日差しを遮るとシミになりにくい

肌には敵となる紫外線ですが、うっかり日傘や帽子を忘れてしまうこともあると思います。強い日差しに遮るものがなくて困ったというときは手を使いましょう。

 

手の平で日差しを遮るとシミになりにくいのです。

 

飲む日焼け止めサプリメントのホワイトヴェールも活用してみましょう。

 

それも手の甲ではなく手の平を使うことがポイントとなります。手の甲と手の平ではシミのでき方が圧倒的に異なります。手の平にシミがないか確認してみましょう。多くの人はほとんどないと思われます。手の平は他の部位に比べて角質層が厚く、紫外線を遮り、新陳代謝も活発なためシミになりにくいのです。

 

しかもメラニン色素が少ないために、太陽の光でビタミンDを吸収することもできます。現在では紫外線が肌の大敵となるために太陽の光を浴びる人も少なく、美白や色白の肌がいいとされているために女性の二人に一人はビタミンDの欠乏症に陥っていると言われています。

 

ビタミンDは骨を強くする働きと、認知症やがんの予防、免疫力の強化という役割があるので本当は欠かせないものです。また精神的にも好影響を与えると言われており、早寝早起きなどの生活習慣の改善や、体内時計のリセット、冷え性などにも大変有効です。

 

逆に体内にビタミンDが少ないと骨がもろくなったり、うつになったり、幸福を感じにくくなったりと様々な悪影響が出てきます。ビタミンDは魚やキノコ類からも摂れますが、自然の光を体内に取り込むことも生きていくうえでは大変必要なことです。日光浴をするということは、それだけ健康にもおおきくかかわってきますので、もちろん美白ケアは必要ですが、極度に嫌う必要もないと言えるでしょう。紫外線にはそれだけいい影響も悪い影響もあるということです。そのため、手っ取り早く健康を気にしつつ、美容もしっかりしたいという場合には、手の平で日差しを遮るというのが効果的になってきます。

 

もちろんそれだけではなく、女性でしたらシルエットも美しく、周囲からも好意的に見られると考えられます。両手の平からビタミンDを吸収する健康法というのもありますので、日傘や帽子を忘れてしまったときには健康法とともに手の平で日差しを遮ることを試してみましょう。

 

シミになりやすいところは手の平が守ってくれますし、手の平からはビタミンDを吸収できます。もちろん日傘や帽子があったほうが紫外線からは十分に守れますが、紫外線のいい影響を活用するのも一つの手だと考えられます。また、冬の間に紫外線に強い肌を作っておくのもいいと思います。

 

ビタミンCやポリフェノール、紫外線をカットしてくれる効果のある野菜を日ごろから食べておく習慣をつけておくといいでしょう。美白は紫外線を浴びなければ守れるというものではなく、日頃の食生活やスキンケアからでも十分に行えます。ですので手で日差しを遮るときは、健康法を活用しビタミンDを手の平から吸収することと、シミになりやすそうな顔の部位を防ぐこと、そうするときに女性らしさを意識することで、魅力もあがると考えられます。